来年は、函館が舞台?

年度が改まり、とくに騒動とかもない状態で、封切を迎えている以上、
見に行っとくべきだな、とかなんとか。


今年のは、本筋から直接分岐できる枝葉を広げたような印象の物語で。
いい感じにまとまってるかなぁ、って。
ただ、今年は、爆発少な目かなぁ、とか。質はゴツかったけど。うん。


それにしても、本編には、そのままでは出せないような規模の建造物とかが出てくると、
「これ、クライマックスで吹き飛ばされたりするのか……」
とか思うのは、正直良くないよな、とかなんとか。