劇場版が出るたびに、社交性を獲得する湯川先生がなんとも

久々に、ガリレオシリーズ、というか、福山雅治な湯川先生と、
劇場版、始動って文言を見かけて、気になってた劇場版の新作を見てきた次第。
いやぁ……
劇場版は、作品数が増えるたびに、社交性を活かしていく湯川先生がみられて、
なんか眼福にごぜえました。

話そのものに関しては、そのタイトルがすべてを物語っている、としか言いようがなく。
なんとも切ない気持ちのあふれる物語でもあったよなぁ、とかなんとか。