でも、『樹があったこと』を確かめようとする人も居るって言うじゃないの?

キャラは始めるきっかけになっても、つなぎ止める『何か』にはなり得ない。ふゆざきです。
正直な心境ですが、何か?


まぁ、なんだ。
キャラありきで、ゲームを始めたとしても、そのゲームの性質によっては、モチベーションのきっかけが、キャラからプレイヤーという「人」に変化することがあるのよ。おいらの場合。
で、この「人」という集団に対して見限りが入ると……もうダメになるって話。
キャラ自体は嫌いじゃないんだけど、その向こうにいる連中のことを考えると、「嫌い」と言うステップをトバして、一気に『無視する対象』まで発展するんだわな。
ただ、この状態に発展すると、いろいろと弊害もついてくるんだ、これが。一番大きいのは、世界樹とかの妄想系ゲームで、キャライメージが死ぬ事か。
結局、世界樹2を積んじゃった要因の一つに、これがあるからなぁ。
とかなんとか。


まぁ、そんな心境にもなったっけなぁ、とか振り返ってみるだけの話で区切り更新は終了。

><