ライドウ、取り敢えず1周終わり。

ロードして、景気づけにイカサマ麻雀。
ワーイ、大三元あがったー。こいつで+4万。良い感じね。

ここで良い感じに軍資金が貯まったので、合体でグズグズになったストックを改善。カルテを使って、合体材料とかを召喚。
ヤマタノオロチを作り、いざ鎌倉(まて)。

前に戦ったとき、回復高揚・ディアラマ持ちの仲魔使って戦ったもんだから、泣き見たんだよなぁ。けど、今回は、前回の反省を活かして、精神無効のどっかの神話のドラゴンスレイヤーを伴って戦闘。うむ。何とかなった。
どっかの白ザルでも良かったのかも知れないけど、あれだと、通常攻撃を喰らった瞬間に弱点攻撃になって、連携で即落ちさせられる可能性があったから、使えなかったんだよなぁ。
序盤は、アダムの妻となるはずだった妖婦を連れだって戦って、散々削った挙げ句に、ドラゴンスレイヤー投入。これで終わりだー! な勢いで殴り倒し、はいよ、進行進行。

そっから程なく、最終戦
毎度毎度のラスボス連戦となるんだけど……何をさておき、1周目。調子の掴めなかった序盤は苦労したものの、コツを掴んでしまうと、これが緩い……
こんな感じの召喚で。

ゲージ1本目
ドラゴンスレイヤー投入で、シバキ倒し。
ゲージ2本目
状況に応じて、召喚する仲魔を変更。基本的には、こんな感じ。(1)→妖婦→ヤマタノオロチ→(1)。これを終わるまで。どういう使い方かは、防御特性を見ておくのが良い感じ。
ゲージ3本目
本体が出てくるまでは、妖婦にするか、ミシャグジさまで。本体が出てきたら、白ザルで終わり。っと。

確かに、ネタバレサイトを見れば、ダメージ効率のいい戦い方もあるんだけど……俺の戦い方は、攻よりも防に重きを置く傾向があるんで、仲魔の回復を考慮する必要のない状況ってのは、実に有り難かったりする。と言うか、やってて、『何、このイカサマくさい手軽さは?!』って本気で思ったもんなぁ。
さて、ここで、2周目にとっかかるか、どうするかって選択肢が出てくるわけだけど……どうしたもんかね。